営業職に特化した人事考課制度の指導機関

〒150-0044
東京都渋谷区円山町6-7 1F

TEL : 03-4405-8949

ノートとペン 専門コラム「住宅営業」に役立つ提言

第141話 「売らない」営業方法の補足と【オートクライン】との関係

  「展示場を中心とした営業の進め方」という記事を、【基礎編】【応用編】【まとめ編】と、三つに分けて書き終えたところです。   ただ【まとめ編】で登場する「売らない」営業について、説明不足だったことは反省の言葉しかありません。 そこで補足記事として、「展示場を中心とし...

詳細はこちら

第140話 優秀な営業ほど自分の顧客を選んでいる

  もう少し先のことと想像しますが、営業も淘汰される時代が来ると、各方面で耳にします。   ただこれは営業職に限ったことではありません。   現状では、医療従事者を除くほぼ全ての業種で「人材の淘汰」が始まるでしょう。   ただそうした流れに関係なく生じそうなのが、肝心...

詳細はこちら

第139話 展示場を中心とした営業の進め方【まとめ編】

  少し長くなりますが、「振り返り」の意味を込めて、前回投稿した後半の一節を再度取り上げます。   “「アポが取れる着座」とは、お客様が営業に聞きたいこと(確認したいこと)を抱えて座ってもらう。   また、そのような心理状態で座って話を聞くから、次回アポが堅くなるので...

詳細はこちら

第138話 展示場を中心とした営業の進め方【応用編】

  前回に引き続き、「展示場を中心とした営業」について見ていきましょう。   記事の概要は、 「営業がお客様に売り込んで良い数少ないチャンス」である展示場案内の“場のメリット”について 来場者が「自然な会話」をできる相手と見做すのに、求められる要素 などが中心です。 ...

詳細はこちら

第137話 展示場を中心とした営業の進め方【基礎編】

  記憶が正しければ、このコラムの初回も、たしか「展示場案内」をテーマに口火を切りました。   その後展示場案内に関しては、少ないながら、折に触れて記事中で言及しています。   ただ主題に「展示場案内」に設定してコラムを書いたのは、初回の投稿と今回の 2 回だったよう...

詳細はこちら

第136話 無印良品の家が示す「教育」コンテンツとは?

  良い意味でコンテンツに「教育」を感じるウェブサイトに無印良品があります。   そして無印良品にはハウジング部門として「無印良品の家」があります。   実は筆者、長年に亘り、無印良品の隠れファンとして商品を愛用してきました。 また「無印良品の家」についても、気持ちと...

詳細はこちら

第135話 見込み客の「教育」はニュースレターがあれば十分

    先週上げた記事で、ユニクロジーンズのヒットの裏側に、多くの「教育」があったとする仮説を試みたところです。   ただ読者のなかには、たとえそれが「教育」だったとしても、それが個々の住宅営業が試せるものでなければ、あまり意味のある仮説とは言えないと感じた方も多いで...

詳細はこちら