営業職に特化した人事考課制度の指導機関

〒150-0044
東京都渋谷区円山町6-7 1F

TEL : 03-4405-8949

ノートとペン 専門コラム「住宅営業」に役立つ提言

第88話 コロナ禍でも飛び込み訪問は出来る!ある源泉営業の現場から見えたもの

  今回のコラムは、ある不動産営業系のメルマガに心動かされて書いています。 実を言うと、筆者は今回のコロナ禍により、顧客開拓法としての「飛び込み訪問」は、今後ほとんど採用されないものだと勝手に考えていました。 しかし、このメルマガの会員さんは、現在も変わらず飛び込み訪...

詳細はこちら

第87話 話題の「施主支給」_! 営業ならどう対処すべき

  私たちの携わる住宅業界では「施主支給」という工事に関する業界用語があります。   「施主支給」と検索すれば言葉に意味はすぐ分かりますが、簡単に言うと住宅工事等で、施主(建主)が自分で購入した設備や部材を現場に取り付けることを指します。   「施主支給」で最も多いの...

詳細はこちら

第86話 セールスは聞き役に回るほうがうまく行く【後編】

  前回のコラムで「セールスは聞き役に回るほうがうまく行く」という話をしました。 その中で、在り来たりな顧客情報を取得することも大事なのですが、営業に求められるのは、情報から導かれる「事実と思しきもの」にも目を向けることだと述べました。   つまり一歩先を行く「深読み...

詳細はこちら

第85話 セールスは聞き役に回るほうがうまく行く【前編】

  今回も、前回に引き続き、新人営業の方に向けたコラムをお届けいたします。 内容は、具体的な「セールス」に的を絞ってみます。   新人の方が顧客を前にした際に悩むことといえば、「一体どうすればスマートにセールスを展開できるだろう」ということではないでしょうか。   も...

詳細はこちら

第84話 自主現場見学会のススメ    

  本コラム第80話『見込み客を購買に動かす「仕掛け」はどのように準備する?』の中で、私たち営業はニュースレターの配布と同時に「顧客が動きやすい仕掛けを作るべき」との記事を上げました。 また、その「仕掛け」とは、完成現場のお披露目(つまり現場見学会)でした。   お施...

詳細はこちら

第83話 住宅はどうして紹介受注が難しい?     

  住宅は紹介受注が難しい。 筆者はニュースレターの技術と出会ったことで、注文住宅の受注営業が格段に楽になりました。それでも住宅産業は、紹介受注を得ることがとても難しい分野ではないかと思います。   このコラムでも紹介受注について書くことをあえて避けていましたが、今回...

詳細はこちら

第82話 「売れる人の営業パターン」の変化から見える住宅受注のカギとは?

  新型コロナウィルスの第一波が落ち着いた 6 月半ばから約 一ヵ月が経過しました。 本コラムでは、その間、新人営業の方に必要と思われる記事でつないできました。 もちろん、全てが新人営業の方に向けた記事ではありませんでしたが、それでも約半数は新人向けと言って間違いない...

詳細はこちら