営業職に特化した人事考課制度の指導機関

〒150-0044
東京都渋谷区円山町6-7 1F

TEL : 03-4405-8949

ノートとペン 専門コラム「住宅営業」に役立つ提言

第157話 ニュースレターの出しっ放しはダメ!タマに現場に顧客を連れ出そう

   あなたがレターライティングに本気で取り組めば、数ヶ月もすると、見込みリストが抱える未知なる人への心理拒否をニュースレターで切り崩せます。   実はこれだけでも他社の営業より、頭一つ抜き出た存在になれます。   ただリストの数も十分ではないのに、何のプロモーション...

詳細はこちら

第156話 ニュースレターを出すと何故「自動的」に見込み客が手を上げるか?

   先回の投稿で、ニュースレターを送るとなぜ「ほぼ自動的」に見込み客が手を上げてくれるか、という問いに対し、「この理由は後日詳しく記事化します」と書いたと思います。   またその際、テーマの都合から「この理由」を「長期間つながりを維持して記憶に残り続けているから」と...

詳細はこちら

第155話 ニュースレターと向き合うと出てくる 3 つの疑問

   記事は前回に引き続き3つのテーマから、ニュースレターにまつわる疑問について紐解いています。   その意味で今回の記事は、最近のコラム[1]の続編といっても良いでしょう。   また今回の疑問は、ニュースレターの本質に繋がる重要な部分にも触れています。   このコラ...

詳細はこちら

第154話 【続編】ニュースレターを取り入れると営業活動に表れる変化と兆し

   ニュースレターを導入すると、どのような変化がもたらされるか。   ここではその続編を書いていきます。   ニュースレターの手応えを最初に感じた驚きは、見込み客が“ごく自然に”表れることでした。   前回、割と淡白な調子で書きましたが、このレターの妙味が少しでも伝...

詳細はこちら

第153話 ニュースレターを取り入れると営業活動に表れる変化と兆しとは?

   そこで今回と次回、2 回に分けて、ニュースレターを取り入れた場合の変化と兆しについて解説します。   また今回は初回というともあり、ニュースレターのデメリットについても一点だけ触れさせてもらいます。   このコラムでは以前も書いていますが、ニュースレターのデメリ...

詳細はこちら

第152話 ニュースレターを出す上で引っ掛かりそうな3つのポイントとは?

   ニュースレターの作り方は、何となく理解していただけたでしょうか?   ところで、メール配信で届くニュースレターのことを、日本ではメルマガ——実はメールマガジンというのも、日本でしか見られない言葉らしいです——と呼んでいます。   その意味で、私たちが書こうとして...

詳細はこちら

第151話 「認められたい」という感情が無ければ大抵の仕事は上手くいく

   「仕事はできるだけ自分の感情を交えず、やれればやれる程上手く」    確かこんな内容だったと思いますが、ずいぶん若い頃、雑誌か書籍の何方かで目にした言葉。    これと同じ事を見聞きされた方もいるのではないでしょうか。    今もたまに仕事の指針として、折に触れ...

詳細はこちら